自作テレキャスターのボディ交換作業

アッシュボディに飽きたのでバーズアイメイプルサンバーストへ戻しました。

今までのアッシュはこちら約4.3kg。

ネック、ピックアップガード、ピックアップをはずして

バーズアイボディへ移植開始です。

こちらも出来上がりの重量は約4.3kg。

弦を張る前にクレポリメイトで磨き上げます。

ボディバックの杢はまだ綺麗でしょう。

ピックアップのリード線を剥きなおして半田の甘いところも直して

セレクターを切り替え、ドライバーでコンコンと叩いて配線チェック。

フロントピックアップの高さを先に調整しておかないと

あとからだと弦交換を伴うピックガードなので要注意。

弦を張替え、ブリッジサドルを調整、クリップ式チューニングメーターでチューニング。

フロントリアともダンカンのピックアップなのでテレキャス感満点です。

半田を付け直したのとリード線の新しいところを使ってるからかノイズがグッと減り

綺麗な音で演奏出来るようになりました。

長年使ってるギターやベースでノイズが多いときには配線もチェックすることをお奨めします。