船のひっくり返し方

海上で転覆させるとか縁起の悪い話ではありません。

地上で船を上下反転させ船底の大修理等行うときのひっくり返し方。

長いスリングベルトか太いロープを2本用意。

船体の前後バランスの取れるところへ一周巻き付け

図のように片方を短くセットします。

hregki

船体の右と左に1台づつクレーンを用意。

あるいは、孫のフックが付いてれば1台でも可。

右側のベルト2本をひとつのフックへ

左側のベルトをもうひとつのフックかクレーンへかけて

船体がまっすぐになるよう均等に2つのフックを巻いていき。

地面からじゅうぶん船体が離れたら一旦停止。

その後慎重に長い方のベルト側を少し下げて

短い方は巻いていきます。

これを繰り返すと船が勝手に回りだし最後には船底が上を向きますが、

船体が真横を向いてそれから大きく反転するときは特に慎重にゆっくりスムーズに作業。

斜めにでも反転したらあとはなるべく下げる方向でクレーンを操作。

完全にひっくり返ったら台をおきゆっくりとさげてベルトをはずせば完了。

私の知人はユニックとユンボでロープを使ってひっくり返しました。

こんなとき下げていく方が難しいので必ずユニックを下げる方に

巻く方はユンボでもあまり支障はありません。