LM386スモーキーアンプを試作試奏後

2つの回路を使ってみたところ

47μF2個の方は電池が減ってくると発信し始め

ジャックを刺してれば発信が収まるようで

IMG_1085

刺したままか電池を新しくすればいいのかも。

220μFの方はその減った電池でも今のところ発信はありません。

IMG_10852

ゲインにポットを入れてもあまり効果がないらしく

ボリューム調整はギターのボリュームでなんとかなるので

ポットは特に必要ないと思います。

最大音量はスピーカーの口径に比例すると思われ、

ステレオやコンポのスピーカーユニットを使えば

やかましいくらいの音量になります。
おススメは10μと220μを使うこちらの回路。

スモーキー改1

ICのLM386と計3つの半導体で成立します。

1番と8番の10μFコンデンサーは付けずに直結でもかまいません。

夜間部屋で遊ぶ程度なら100均のスピーカーで十分すぎるくらい。

大音量でギターをかき鳴らしたいなら

大口径のスピーカーユニットかギターアンプへプラグイン!。

材料費は数百円で済み、ケースも適当に選べ気軽に作れます。