Radiko,RazikoをAndroidエミュレータへ、簡単な順に独断ソート

現在WindowsとMacで使えるエミュレータは5個ほど、Macに関しては何もわからないのでなにも語れません。

 

  1. BlueStacks
  2. Virtual Box
  3. Genymotion
  4. VMware
  5. Android SDK

順不同

  1. PCで一番お手軽にradikoを録音するには、BlueStacksをインストール
    ちょっとやっかいなのはjp.radiko.Player_3.5.0を手に入れること。検索を活用して野良アプリを探します。拡張子は ,apk

    razikoのバージョンにたいした制限はなくスマホやタブレットでバックアップできるなら無問題。

    radikov3.5.0を残してるなら尚良し。BlueStacksを起動させた状態でapkをダブルクリックするだけ

    Googleアカウントの入力とradikoの自動更新でrazikoがNHKしか聴けなくなる心配もなくなります。

  2. radikov4.0.0しか手に入れられないならVitualBoxやGenymotionを使うことになります。
    Genymotionのアカウントを作ってインストール、Nexus One 4.3のイメージをダウンロード。Android SDKをダウンロードしてパスを通すと
    Google Playのインストールが可能になるので、OSに合ったgappsを探してダウンロード。起動させたNexus One 4.3へgapps,zipをドロップ。
    仮想デバイスを再起動、Googleアカウントを入力、Playストアからradikoとrazikoをインストール。聴くだけならradikoでもおk。
    録音するならrazikoを使用。raziko拡張を購入しないなら録音ファイルを別フォルダへ手動で移動。ただし、razikoの録音番組で認識されませんが、
    もうひとつ予約できるようになります。これを繰り返せば拡張を買わなくて済むのですが、メンドすぎるし端末数に制限はないので210円払ったほうが快適に使えます。
    ストアでESファイルエクスプローラをインストール、radikoをバックアップしたapkを自分のPC宛にメールで送り、ダブルクリックでBlueStacksへインストール。
    razikoはどちらのエミュで落としてもかまいません。

    VirtualBoxでクローンを作れば多重起動できるようになります。クローンの作り方は?
    検索してもよくわからないならば、VirtualBoxを起動して画面上にあるメニューとその下にある設定ほか
    クリックして開くところ全部をクリックして読んでわからないなりにでも何ができるかやってみましょう。
    そうしてわからないことがあれば2chで質問するとき状況説明ができるので解決への近道になり。煽られることも少なくなるでしょう。

  3. GenymotionはVirtualBoxと共用
  4. VMwareはVBoxとほとんど同じ操作なので割愛します。
  5. そしてAndroid SDKを最後に持ってきた理由は、
    raziko.apkとradiko,apkはPCのHDDにあるはずだからで、
    SDKのAVDmanegerを起動。好みのOSやデバイスを選んでエミュレータを起動。
    メールアプリを使えるように設定、事前にapkを添付して送信しておけば受信を待って開くだけでインストール完了。
    メアドの登録もしたくないならコマンドプロントを使うかddms.bat を実行してファイルをプッシュした場合そのままでインストールできないのでESファイルなどアプリのインストールが不可欠、
    それを回避するにはアップローダのアカウントを取ってapkをアップロードしておきます。
    メールを使わないで長いURLを打ち込む気があるなら話は別です。