raziko トラブルシューティング??について

 

一番多いのは、導入初期に起動して 空き容量うんぬんで聴けないことがあります


そのときは 再生停止~戻る、raziko再起動を繰り返せば聴けるようになることが多いです

2GBのSDカードでじゅうぶん聴けます

それでも聴けないときは、アプリの強制終了を試してみて
最悪は データ消去か再インストールしますが、
この場合 録音番組があればrazikoで認識、再生できなくなります
それを防ぐには、root化端末でtitaniumを使ってこまめなバックアップを取っておき
データだけを復元すれば、そのデータの録音番組の認識は復活するようです

いずれにしても 更新前とあとにはバックアップをとる習慣をつけた方が賢明です

バックアップについては、
radikoもrazikoもESファイルエクスプローラなどで可能なので
実機、エミュに限らず インストールは3つのアプリがセットと考えた方がいいです

ただし、raziko拡張はtitaniumなどでバックアップしないと復元は無理っぽいので
実機をroot化しなくてもVirtualBoxでできるものを導入するか
まあ、Google Playにさえつながればインストールはいつでも可能で
raziko自体が使えないときはバックアップも大して必要ではありません
Android SDKにインストールしたいときにちょっと困るかもしれないくらいですね

NAS環境があれば 実機やエミュでバージョンダウンなど簡単に試せるようになります

BlueStacksは別で、apkをダブルクリックすればインストールでき
ファイルの取り出しと転送もクリックだけでパソコンにできるので、NASは必須ではありません

起動直後、番組情報取得中で止まったまま 中々接続されないときは
アプリの強制終了をしてみるかです これは実機もエミュも同様です

 

それとradikoが不意のアップデートでrazikoが聴けなくなるのを防ぐ究極の方法は?

razikoを聴ける状態にしたあとでradiko.apkをバックアップ、アンインストールしてください

 

録音番組の再生での難点は、一時停止ができないことで

端末によって、ほかのアプリで再生できるものとできない端末があります
その場合、録音ファイルをPCに転送して聴くか
PCでエンコードして端末に戻して音楽アプリで聴くほうが無難です
パソコンソフトはほとんどが無料で手に入ります
音声だけなのでエンコードにかかる時間もしれてるでしょう

AndroidアプリだとRawAAC→M4A
パソコンソフトではXMedia Recodeが便利です

:ファイルを読み込んで

:形式をMP3などに設定

:リストに追加   出力先を参照からデスクトップなどわかりやすい所にして

:エンコードをクリックして 終わるまで待ちます

XMedia Recode raziko hennkan

あと録音中は他の操作をしないで、できれば放置
Wi-Fi PCネットで大きなファイルを落としたりしないことくらいです
尻切れは 3分の遅延を考えて Android本体の時計を数分ずらして設定
それを確実なものにするには 試行錯誤、録音の練習をしてみることです

こう書いておいてあれですが、この通り実行して間違いなく成功するとは限りません
でも、30分くらいの番組を自分で試してみればわかることです