REGZA Phone T-01C wifi 接続設定 その3の補足 Winampと同期

 

ルータをNEC WR8300Nに替えました


ルータのアドレスを確認するためにまず
IPアドレスを自動的に取得する にして

キャプチャ2

デフォルトゲートウェイとIPアドレスを見ると

キャプチャ1

ゲートウェイ 192.168.0.1
コンピュータ 192.168.0.2 だとわかりました

ルータの設定でネット接続とログインパスワードを決めてルータに入ります

キャプチャ5
キャプチャ9

次に 無線LAN設定をクリック
プライマリSSIDと暗号化キーがわかります
暗号化キーは覚えやすくて打ちやすいものに変えています

キャプチャ101

対象ネットワークの選択で、プルダウンメニューを押すとセカンダリSSIDが表示されます

キャプチャ11

暗号化キーは自分しか使わないのでプライマリとセカンダリで統一、同じキーに設定しました

設定が終わったら 復元するときのためにわかりやすいところに保存します(デスクトップなど)

キャプチャ12

REGZAで接続を確認すると
wifiに接続されていますが              ネットに繋がりません
DSC01222 DSC01218

REGZAのIPを固定しているのでバッファローからNECに変更します
REGZAホーム~メニュー~設定~ワイヤレス設定~wifi設定~メニュー~詳細設定を開き

DSC01224 DSC01227

ゲートウェイはバッファロー192.168.11.1からNECの192.168.0.1に
REGZAのIPは画像では192.168.0.15ですが最終的に末尾一ケタの192.168.0.9にしました

静的IPを使用すると接続のストレスが軽減しスムーズにサーフィンできるようです

DSC01231

USENで計測してみました

パソコン                        REGZA
キャプチャ13 DSC01233

低速デスラーなので、こんなもんでしょう

そして、winampと同期です パソコンとREGZAでwinampを起動しておきます

DSC01237

PCのwinampのツリーメニューでデバイス~探索をクリックして見つかったら
赤丸でかこった >・<をクリックすると
REGZAにペアリングを許可しますか?と表示されるので、許可をタップします

DSC01239

もし、探索でREGZAが見つからないときは
REGZAホーム~メニュー~設定~アプリケーション~アプリケーションの管理~winampをタップ

データを消去とキャッシュを消去してから
REGZAのwimampを起動し wifi 同期をタップしてみてください

DSC01240

こちらもご覧ください

同期できないときは コメントかメールしてください

余談ですが、NEC WR8300N ポート開放の設定

キャプチャ14

ルータにログインして
詳細設定~ポートマッピング設定を開き
最初はエントリが無いので、緑丸の追加をクリックして

LAN側ホストにPCのIPアドレスを入力
プロトコルは TCP
ポート番号は通信ソフト毎に任意の数字を二か所入力

トロイの木馬 ポート   で検索して、比較的安全な数値にしましょう

ウィンドウズ7のIP固定方法。
NECではネットワークと共有センター~ローカルエリア接続~プロパティ~
インターネットプロトコルバージョン4のプロパティ~次のIPアドレスを使う~
下のように設定します

キャプチャ15

IPアドレス 192.168.0..2 の 2 は任意の数字
他の機器と重複しないで 1以外 ルータの限度を超えなかったら大丈夫です