Windows 起動時BlueStacksを常駐させない方法

 

簡単な設定とWindowsの再起動だけでBlueStacksの常駐を避けて
Windows自体の立ち上がりも速くなりました

WindowsにBlueStacksをインストールしたままだとPCの起動に時間もかかり

時々、通信してるのかタスクバーにメッセージ的なものが表示されtりします

通常は下図のようにBlueStacksが常駐してるでしょう

bluestacksstartup

手動で終了できますが、次のWindows起動時にまた常駐して起動に時間がかかります

bluestacksexit

そこで解決方法です

タスクバーを右クリックしてプロパティをクリックします

tuskpropa

タスクバーとスタートメニューのプロパティが開くので
上部中央のスタートメニューをクリック
startmenucostomize1

上から3段目のファイル名を指定して実行コマンドにチェックを入れます
startmenu

スタートメニューのアイコンの大きさを変えるにはずっと下がって

大きいアイコンを使用するのチェックを入れるかはずします
startmenucostomize

OK~適用~OKをクリックしてWindowsのスタートをクリック

ファイル名を指定して実行をクリック

filenameexe

ファイル名を指定して実行の名前に、msconfig と打ってOKを押します
msconfig

システム構成が開くので、スタートアップをクリック
systemstartup

システム構成-スタートアップの下の方にBlueStacksがあるのでチェックをはずして
OKを押して再起動します
systemkouseibluestacks

これで必要なときだけBlueStacksを起動でき、常駐してないのでメモリの消費も抑えられるでしょう

メーカー製のパソコンでほとんど使わないソフトの常駐も止められますが、

Windows標準ソフトのチェックは注意して外しましょう