その後のスーパーライナーオガサワラ2015/01

2015年1月現在 江田島市に係留、解体作業待ち。

DSC_0048

右舷側の損傷がひどく、左舷には目立った外傷はありません。

DSC_0033

開口部の下のリブが出っ張って見えるのは

そこにメインデッキがあるからだと思われます。

DSC_0034

所々にガラスウールか?黄色い断熱材のようなものが見えます。

バウは2本のチェーンとアンカー。

DSC_0003

喫水部分には無数のフジツボ。

DSC_0002

船体は大きく右へ傾いているので、大量のビルジが入ってるのかも。

DSC_0039

船尾部分はジェット2基掛け。舵を少し切ったまま。

ここまで自走してくるにしても回航は大変だったでしょう。

アルミ艇なので溶接すれば修理できそうに思えますが、

損傷部分が問題で、のぼり溶接や切断。デッキとの兼ね合いがあるので

レントゲン検査等、強度試験ほか 莫大な費用がかかるのは明白です。

防食のためボルト締めに使うワッシャーひとつにしても

気を使った作業が必要になります。