らじこカードを想造してみた

コンビニには、

iTune

itunecard

Google Play

gpgiftcard

昔のようにクレジットカードや振込みの手間がかからず、

コード入力で、即反映されますが、

自分にとって一番便利な方法を、そのときに使い分けられるようになっています。

携帯キャリヤ課金でアプリを利用すれば契約や決済は簡単に思えます。

が、たいして使わなかったり、思ったより維持費が嵩むと感じる人もいるし

解約の手続きをしない限り 恒久?通話料で例えるのは間違ってるかもしれませんが、

上限無し、ある意味 青天井と言ったら怒られちゃうかも。

で、プリペイドなら購入した分だけで思わぬ使いすぎに陥るこはなくても

うっかり チャージし忘れ大事な局面で使用不可にならないよう 明細は時々チェック。

 

そこで、デザインは論外。 Ironyをたっぷり込めたカードを。

らじこかーど

サービス開始当初から困難を極める配信方法を選んでるようですが、

未だぶれない志は立派だと思います。

 

Cool=かっこいいという意味だけではありません。

エキサイトしすぎないよう自分を抑える。(客観視)

冷静という意味があります。

白熱してても、楽観=Optimism くらいでいいのでは