ショートホープ新パーッケージ登場

缶ピースばかり吸ってたので気づきませんでした。

こないだスーパーで買い物の帰り。たばこの販売機が目に留まり。

HOPEでも買ってみようと財布に常備してるタスポをタッチ。

帰りながら吸おうとポケットから取り出し封を切ってびっくり。

P1040965

また間違えてほかのホープ押したわ

と思ってよく見たら デザインを変えたのだそうです。

赤い帯じゃなくシルバーは遠視に不親切。

文字の大きさを変えられなくてもコントラストを工夫すればめがねいらない事も。

視力低下の原因は加齢だけではありません。

めがね不要の方、はずすのは風呂と寝るときという認識ですとリサーチ不足は否めません。

読んでもらうための注意書きであって、装飾ではない部分がありますから。

ニコチンとタールの量は変更なし。

旧HOPE

今のようにネットがない時代。会社の忘年会へ着ていくブルゾンを洋服ダンスから出し。

両脇のポケットに手を入れると数年前に入れて忘れたままのHOPEが1個。

老眼など知らない若かりし視力で 印刷された文字をまじまじと読んで 愕然。

しらずしらずのうちに ゆるいたばこになっており。

徐々に慣らされていたというか裏切りにも感じました。

どんなもんか味見しちゃるわ とZippoで火をつけ一服。

あの日にもどりたい。もどれるならもどしてや。

さすがにショートホープのキツサを感じ想い出させてくれた瞬間。

たばこ博物館的なところには豊富に保存してるのでしょうか?

この頃空港の免税店で同僚でもある、おばさまからHOPEワンカートンをプレゼントされ、

そこでもニコチン、タール値を見ると、国内と仕様がまったく違うので

法的配慮?税金?なんかなあと。

悪いけど 免税のホープはいいから Mariko Takahashi のFor You.

でよろしく とみんなで大笑い  のふりで しっかり密約。

このころからやっと うそはつかない と、うそをつける大人になれたのかもしれません。

(さてどこでしょう。)

おとなの階段はどこまで昇らなくてはいけないんでしょ