ハンドクラフト ケヤキのイルカ 削り出し

 

 

 

dolp

弟の結婚祝いに彫ったものです(デフォルメ調)

長さと太さを決めて 角材を製材

角材には6面あるので 6面全部に大体のデザインをマジックで書き

夜なべをして小刀で削っていきました

胴体は簡単ですが 口とヒレの形と位置は重要なので

余裕を大きくとって削り込んでいきます

ある程度形ができてきたら くちばしとヒレの位置を決定します

削りながらイルカを回しながら バランスをよく見て進めます

顔の向きをイメージして削り

最大のポイントは 人形と同じで 顔、特に目入れです

目は半田コテで入れたので 下書きは鉛筆です

おかしければ消しゴムで消して やり直し

焼くときは 2~3回に分けて焼き 大きさを決めました

くちばしはたまたま、赤身だったのか手垢なのか、いい感じになりました

荒い削り後を消すように 滑らかになるように 仕上げ削りをします

最後にペーパーをかければ綺麗ですが 削りムラなど アラが目立つので

小刀だけの削りっぱなしです

苦肉の策ですが尻尾に押しピンを刺したら直立しました

ケヤキなので室内ではまず、腐りません

何年もたてば あめ色に変わるでしょう

体高は15cmくらいです