ピエールの購入とバラの剪定

とうとうつるバラに手を出しちゃいました。

コメリで定価¥1780の見切り品で¥800也。

当面の予定はつるを這わせないで木立仕立てでいこうかと。。

大きく成長すればオベリスクへ誘引か?

4鉢あった中で一番よさそうなのを選んだつもりです。

ポットから抜いて見ると根がよくまわっていたので10号のスリット鉢へ鉢増し。

痛んだ枝などははさみで切って、ひとつは空いたところへ挿しておきました。

以前からある鉢植えのバラは右から

グレッチャー、大して花がつきません。

ブルーバユー、去年はこれも花つきが悪くこないだまで大きな蕾がついて開かないまま。

今月の12日に思い切って冬剪定。

樹高を低く抑えたいのですが、2本しか太枝がないし木質化してきてるし、シュートもでないし。

これが精一杯の高さ?木質化したところで切っても新しい枝はでるんでしょうか?

これもコメリで買った株ですが、買ってからまだ3年生。

いつか切ってやろうと思っていますが枯れちゃったらかわいそうなのでいまだに躊躇。

来年こそはと思い箸より太い枝を十数本挿し木して繁殖に備えています。

続いて品種不明の黒バラ、母が切花を挿し木したものでまだ若いからか花がついても2つくらい。

香りはありませんが真っ赤でエキゾチックな花弁が魅力。

そのとなりがリンカーン、これもコメリで買って2年目の冬を迎え初めての冬剪定。

あとはミニバラ、インフィニティローズ。いつのまにか衰退していって残り一株。

リンカーンを増やしたいのとブルーバユーの予備のため

100均のプランターへ鹿沼土を入れてぶっさした様子が下図。

挿してまだ10日くらいですが、芽が少しずつ成長しています。

梅雨時期に挿したときはひと月くらいで新しい葉が展開してきたので

今の時期だともっとかかるんでしょう。寒いから枯れにくいとは思いますが。

これだけ挿して大成功しても里子に出せるところはあるので植え場所に困ることはありません。

毎日昼ごろせっせと水遣りしています。

あとは地植えのモッコウバラがありますが、それは父親の担当で手出し無用。

バラの色数はピンク、赤、紫、黄色の計4色。

寄る年波にまかせてじわーっとバラ庭園に移行を暗に計画中。