ロースペックPCへXP_SP2, 3とRadiko地域外聴取

今から10年ほど前、XPが発表されてすぐに買ったSONYで一番安かったVAIO

デスクトップAndroidにできないかとやってみましたがどうも無理っぽいので、radiko専用マシンへ、

元はCドライブのフォーマットはFATで、Android入れようとしたりNTFSでCひとつにフォーマットとか色々やってみても

冷却ファンがずっと全開で回ってうるさく、内部の発熱もひどくなるので

結局ノーマルのCはFAT. DをNTFSにすると音も静かで安定した動作になります。

当時のSONYがそういう設計をしたと記憶しています。

リカバリディスクのXP Home edisionはサービスパックなど出てないデビュー当時のままなのでFlash PlayerSP2のインストールから始めます。

スタンドアロンのSP2だけではMicrosoft .NET Framework 3.5のインストール弾かれました。

別にWindows インストーラ3.1が必要だそうです。   しかし、問題が発生したため、Radikoolを終了します。と言われ起動しません。

win_installer sp2_radikool_plb

しばらく悩んでると自動で更新がインストールされたあと、何の気なしにRadikoolのファルダにあるsetup.exeを実行して出たメッセージをよく読むと、

win_update_install kool_setup_error

最初に以下のNETFrameworkバージョンのいずれかをインストールする必要があります。の下にちっちゃい字でv4.0

NET Framework 4の必要システムはWindows XP SP3 以降なので、私はSP3_isoをインストール。

xpsp3_installed

再起動後、NET Framework 4をインストール。予約録音で番組名が入らないので適当にタイプ。

yoyaku_touroku no_tusk

実行中のタスクにないのでWindowsファイアウォールでrtmpsuck.exeを例外に追加してもアイコンが赤に変わらず、

Radikoolを終了させたあとrecordsフォルダをみてもファイルはありません。

win_fire_wall no_records_file

で、もう一回やってみようとRadikoolを起動。でもなかなか起動しないのでタスクマネージャを開いたら実行中。

右クリックからプロセスを終了させたのですが、アイコンがタスクバーのなかに隠れていたんだと思います。

xp_tusk_manager radikool_now_recording

Frameworkのインストールが終わったあとで再起動しなさいと言われなかったのでそのままにしてたのが悪いかと思い

とりあえずWindows再起動。今度はアイコンも赤くなりちゃんと録音できるようになりました。

kool_tuning temp_kool_flv

録音されたファイルはrecords以外にC:Documents and SettingsJameyLocal SettingsTempradikool2にFLVファイルがありました。

XPでRadikool起動録音するにはSP3とNET Framework 4が必要のようです。

このパソコンを使ってRadikarazikoに続きます。