ワンオフ、テレキャスター コピー 自作ギターです

ネック:バーズアイメイプルワンピース

File0002dw (2)

写真右1号機

ネック:メイプルワンピース

ボディ:ケヤキ

ピックアップ:ダンカンx1

製作期間 約1月

リアピックアップのみでケヤキボディのせいか タイトなトーン

何年も前に嫁にいきました

左はぞうさんアコースティックもどき

現在、バイオリンボディに変え 友人宅にあります

birdsf

2号機

ネック:バーズアイメイプルワンピース

ボディ:チーク&バーズアイメイプル 3ピース

ピックアップ:ダンカンx2

トーンはマイルド

サンバースト トップコートのクリアはポリウレタン

1号2号共にピアノフィニッシュです

製作期間は約2ヶ月

使用工具は マキタルータ トリマー ドリル 半田コテ等

birds

バックの様子です

テレキャスター特集A4サイズの写真をネック1から12フレットまでが

実際の寸法になるまで徐々に拡大コピーして 倍率を求め

その倍率までボディも拡大コピーして

ネック周りはピックガードにあわせました

ですので シェイプはオリジナルと少し違っています

逆に、オリジナルを持っていなくてもコピー可です

トップコートのクリア乾燥後

#1500の耐水ペーパーでガン肌がなくなるまでアテ木して手で水研ぎ

このときサンダーは使用不可 必ずゼンマイのようなキズがつきます

コンパウンド中目 細目 ポリッシャーでバフ掛け(ウエスを手で持ってみがいてもだめです)

全体を組み立て 電気配線 弦を張り アンプにつないでサウンドチェック

その後 専門業者に出してフレットのすり合わせをしてもらって 完成です

ネック、金属パーツは オーダーメイドをやってるショップで注文

ボディ材は ハンズなどに行ってはだめです ぼったくり価格の数倍盗られます

銘木を扱ってる材木屋に行って交渉するのがいいです

何年も前に挽いて売れ残ってる材があるかもしれません

それを大きめに切ってもらって厚みも45mmに仕上げてもらえば

カットしてサンダーで磨くだけで下地ができます

塗料は近所の板金屋で分けてもらえればいいのですが

塗装を依頼すると ほとんど失敗に終ってるそうです

木と鉄板の下地処理が違うからで 塗ってすぐは綺麗ですが

数日で木目が浮いてきます まかせるなら 家具屋がいいかも

コンプレッサーとカップガンが用意できなければ

下地ははけ塗り 仕上げは缶スプレーでも可です

簡単ですが作業の流れを書いてみました

つづく……….かも?