公式 BlueStacksはすでにrooted.

Win 32bit検証時に気づいたのですが、Titanium Backupを使う程度なら

root化の手順は不要になっています。

32bitがひと段落したのでISOで導入したrooted BlueStacksをアンインストール。

公式サイトから今さっきインストールしたruntimedata_0.7.18.921のBS.

下のSubscribe toのチェックを外してインストールをクリック。
起動したらしょっちゅうインストールを催促されますが、戻るボタンで対処。
2chの書き込みに、余計なアプリを強制的にインストールされたとあります。

nstallingblstacksmin bsgpupdated

起動したらバックアップしてるADWのapkをダブルクリックしてインストール。

そのままホームボタンをクリック。常にこの操作で使用するにチェックを入れてADWをクリック。

戻るを数回押してホーム画面を表示します。

adwinstall bshomeadwlauncher

Google PlayにアクセスするとVBoxやGenyと同じく旧Google Playの画面です。

bsoldgoogleplay

 

上のままだと購入済みだけでなく無料アプリでさえエラーで落とせないことがあるので、

下図のよう最新バージョンにアップデートされると安定してインストールできる気がします。

bsgpupdated

 

購入済みでも料金が表示され、試しに購入してみてもエラーで落とせません。

payedappstitanium

 

更新されるまでの時間はまちまちなので、落とせるものを落としたら必ず、ホームボタンを押して

ホームに戻って更新を待ちます。戻るボタンでホームに戻るより更新は速いのだそうです。

待つ間に、設定を開きデバッグにチェック、疑似ロケーションのチェックをはずしたら(radikoのため)

titaniumdebugon

Titaniumをクリック。チェック入れてないと怒られちゃうし、再起動するはめになります。

newbsrootedtita

正しく設定された初回起動画面はこうなります。

win64bitbsrootedd

 

この頃には購入済みに変わってインストール可能となっています。

titaniumは無料版でも使えますが、何個も同時にやる場合は遅すぎてやってられません。

titaprokeypayedok

radikoをストアからインストールしただけではやはりNHKしか聴けないので

radikoservisenoresponse

raziko復元、radiko削除、凍結しても動かなくなっています。

razikobackupinport raziko1.0.56recover

notradikobs radikouninstall

検証した限りでは、radiko3.5.0をインストールしないとrazikoが正常に機能しなくなっています。

そうすると、Virtual Boxに4new0slate_2.ovaをインポートしてradiko.apkを抜くのが手軽なのかもしれません。