FRP自作艇の工作法

造船に関して選べる素材や工法は数多く、会社によっても社内の先輩によっても

観点、価値観は様々で、営利を追求するなら制限も増えるでしょう。

ここではそんなことは言いません。限定することがあるとすれば 古来からの鉄則、守るべきだと思うことくらいにとどめていくつもりです。

基本は自由に、やりはじめたら続けよう、たまには一服 一息入れて気楽にまいりましょう。

 

昔仕事の合間に造った船を例にして書いていきます。以前の記事

自作を考えたとき 必ず必要なのが図面で、通常はきちんと設計されたものを購入して使うのですが、

仕事柄現尺図を描いたりバテンの使い方も知ってたので、会社にある船のコピーでやってみようという気になって取り掛かったのです。

前置きはこのくらいで作業の実際を記していきます。

オリジナルの仕様は、

全長5.5m 5馬力の船外機 連休のときに上架、水洗いしてエンジンをはずし

知人に手伝ってもらってクレーンで船体を反転、キールに決めてたステーションの長さをマジックでしるし

5.5mmのベニヤを5cm幅に落としたものを現場あわせでカット、グルーガンで固定

中居君レベルの画力で申し訳ありませんが、その様子が下図です。

船底かたどり

ステーションの距離に決まりはないのですが、等間隔でキリのいい寸法

たとえばさしがねの50cmにするとかですね。

で、ステーションの距離を最悪忘れてしまってもフェアリングは可能なんですが 手間が増え船型も変わってしまいます。

型板のベニヤはグルーガンで留めるのでつなぎ目の貼りしろと形状的に弱くなる部分を補強するための余裕をとって、のこで切るだけです。

間違ってもかんなで削りあわせようとしないこと、というか無駄な手間をかけてはいけません

そこで簡単正確な方法を下に画像で貼っていきます。現場の再現は無理ですので机上のノートで説明します。

かたどりを拡大

画像に天地を示したように 船をひっくりかえしてるのでキールが上になってます。

ひっくりかえせない場合は作業がやりにくいだけです。

センターラインはキールに1本墨を打てばよくて、WLの決め方は船底塗料の上っ面で決められます。

塗料を塗ってない船だったら水際の汚れを目安に型板をあてるまえに船体に墨を打っておきます。

この2つの墨は必ず入れて、型板にも必ず写します。基準を設けるための鉄則ですのでお忘れなく。

ベニヤを図のようにグルーガンでとめてRがきつくて1枚の板でまかなえないときは2本をへの字につなぎます。

最初の1枚や途中でとめる板は船体にグルーを点付けでとめて型をとるときに動かないようにしておきます。

先にも書いた通りベニヤの木端全体が船体に密着してなくてかまいません

ところどころすきまがあいてていいのですが、すきまは10mm以内におさえてください。

さしがねの幅は15mmなのですきまが12mmでも書けますが、はずして原図に起こすとき

墨がどこなのかわからなくなりがちです。

 

グルーガンで留めるときの注意点は板をむりやり押し付けて留めないで自然に置いてあてた状態で留めましょう

かたどりがすんで船体からはなすと押さえつけたベニヤが元にもどろうとして狂った形状になるからです。

曲げてもいいのは、外板などの曲面にそわせて展開図の型取りをするときだけです。

クリンカー張りの貸しボートを見てまっすぐな板を曲げて貼ってるだけだろうと思ってる方が大半でしょうが、

大間違いです。簡単にいうとS字、正確にはかもめが飛んでるシルエットに近い形です。

 

そしてさしがねを使って外板の型を取ります。下図はストライプやチャインの部分を拡大しています。

P1040309

鉛筆の濃い線が船体の外面、薄い線が型板のベニヤで赤い線が船体に差し金をあててけがいたもので、

船体から15mmはなれた距離の形をベニヤ板に写してるというイメージと思ってください。

ストライプの垂直部分など細かいところも忘れずに取ってください。

忘れてたのに気づいても型を一旦はずしてしまうと元の位置にもどすのは不可能で、そのステーションはすべて取り直しになるでしょう。

型を取り終えると下図のようになり、板の途中で赤い線が止まって切れてるのは、さしがねがそこまでしかないから書けないのであって

自分が書き忘れてるのではありません。もう一度取り忘れがないかよく確認して、仮止めのグルーをはずします。

型板同士を留めるのはグルーをたっぷりつけて接着のつもりで圧着します

P1040311

型をはずしたら作業部屋などへ行って原図を書く板に写すのは、

今までにやった作業の反対で、赤い線にさしがねをそわせるとさしがねの反対部分は船体の外面の位置になるのが

簡単にイメージできると思います。

 

この船の場合正面図になるのでしょうか、断面図と言ったほうがいいのか、

船を横から輪切りのほうがわかりやすいでしょうか?

センターラインから半分だけを図面に起こしたのでサブロク1枚ですみます。

全長は5.5mあり ベニヤを何枚かつなげば描けます。しかし仕事の邪魔になるので固定はできず

1日で終わらないので、ばらしてかたずけ、また敷きなおすことも無理

で、悩んだ結果 作業場の床が地面の上に耐水ベニヤを敷き詰めていたので

そこへ全長5.5mの現尺図を描いてフェアリングと座標の採寸を行い 後始末はバテンやかなづち釘くらいで図はそのまま放置

人が歩いたりモノでこすれたりして消えたのか数日でわからなくなりました。

 

型取り続編へ続けます