FRP船 デッキの載せ方

バウとスターンでは留め方が多少違います。

漁船とボートではほとんど変わりありません。

では、バウから

シアラインは仕上がってるとして

ハルと隔壁より数cm大きめに作ったデッキを載せるだけです。

lvkjmj

隙間があれば微調整してセンター、前後位置を決めて仮止め。

船内とデッキ天井裏のホコリを掃除して内側からガラステープを積層。

この時、水止めを確実なものにするためパテを入れてから貼ります。

外へはみ出たパテは硬化を待ち外周を切り合わせるとき一緒に削ります。

ここはチェーンロッカーとして使うことが多く ハッチが付いてると思いますが

有害ガスが沈殿していってるので換気しながら作業しましょう。

隔壁を止めるのも忘れないよう。

下図のようにチェーンロッカーの床とステムが交わるところで

鉛直に水抜き穴をあけます。

vsdddfv

ステムに対して垂直にあけると走行中かぶった波が穴から入ってくるからです。

ロープに付いて入った水は水抜き穴からまっすぐ下に落ちていきます。

穴の径は12mm以上必要です。

代わってアフターデッキは

デッキの仕上がり高さから5mmほど下がったところへ硬質発砲を図のように三角に切り

グルーガンで止めて3プライほど巻きます。

ghjkb u,k

硬化したら飛び出してるところはないか確認のため受け全体を軽くサンディング。

よければデッキを載せて位置合わせ。グルーガンであちこち止めて 船内からパテを入れて5プライ。

固まったら上を歩けるのではみ出たパテを削って4プライ。

この工法はバウで使うことがあります。

それはブルワークから一段下がったところにデッキがある船です。

船内の積層ができない場合は しょうがないので外側から5プライほど。

船体やデッキの積層は大変ですが、テープを貼って止めるのは意外と早く終わり簡単な方です。