GenymotionへGoogle Playをインストール

genymotion-2.0.0.exeくらいからPlayストアが使えません。

バーチャルデバイスの一覧を見てもwhith gappsがありません。

Android SDKのようにapkをインストールして接続できても強制終了して正常に使えませんでした。

genymotion-1.3.0へ戻してもwhith gappsをダウンロードできないし、

ですが最新のgenymotion-2.0.1でストアに接続、アプリのインストールと起動確認しました。

Virtual Boxのバージョンもこだわらなくていいと思います。では以下をご覧ください。

GenymotionとVirtual Box以外にもうひとつAndroid SDKが必要です。

OSのタイプ、バージョンに合ったものをダウンロードします。

Google Playストアへうまく接続できない、インストールできない場合は

こちらの記事を参考に、gappsのダウンロードリンクも記述していて

動作、接続確認済みでほとんどのOSバージョンに対応できます。

 

androidsdk_install_win64

うちはWindows7 64bitで使用しているのでadt-bundle-windows-x86_64-20131030.zipを解凍。

adt-bundle-windows-x86_64-20131030というフォルダごとC:Program Filesへコピーしただけ。

Android SDKを起動しなくてかまいません。JAVAのインストールも不要でした。

controllpanel_no_java

Genymotionのセッティング-ADB-チェックを入れてBrowse(参照)をクリック。

sdk_adbset unable_adb_path

上図の設定では有効化されないので下図のようにします。

directory_sdk_choose adb_tool_success_found

SDKというフォルダを選択CHOOSE    開くのではありません。右図のようにサクセスフルとなればOK。

バーチャルデバイスはとりあえず、Nexus ONE 4.3を落としてみます。Nexusを起動したらgapps.zipをドラッグアンドドロップします。

4.3用のgappsを使ったほうが無難です。

nexus_one_43_dlflash_gapps_on_genysystem

ADBの設定が悪いと下図のようになります。Andoid SDKが無いと何も起こりませんでした。

cannot_adb_vmachine

Flash、焼き?が終わると仮想デバイスをリブートしなさいと言われるので、OK、閉じて再起動します。

waiting_ok_

指示に逆らってストアを起動してみましたが、ノーレスポンスになり。しかたなく、結局リブートする破目に。

playstore_norespon

再起動後、グーグルプレイサービスやグーグルプラスがストップしました。と言われます。

びっくりしても、ここであわてる必要はなく。OKを押し続けて無視。

playstore_has_stopped androidsetting_timezone

 

タイムゾーンを確認します。時刻が合っていても日本にあわせましょう。

geny_app_installedgapps_

エミュへ同時にはapkインストールできないアプリがあります。

Google Playに接続した途端、

エラーでGoogle系のアプリの更新ができませんが。

これも、ほっといて大丈夫です。あとでそのうち勝手に更新してくれます。

 

下図は以前に手動で、apkファイルをインストールしてPlayストアが有効になっていた仮想デバイス。

gplay_store_stoppedgeny_vdevice_factory_reset

設定からファクトリーリセットをかけると、実機のように再起動されます。

しかし、起動しても初期化されてなくて、上図と変わらないので

削除してやり直すしかないと思います。

ダウンロードするバーチャルデバイスによってストアが正常に使えないかもしれません。

Nexus ONE以外も試してみてください。

アプリ編につづきます。。。。