Genymotion OS4.4.2へwith Google Appsインストール後の違い

インストールするgappsによってアプリの動作が大きく変ってくるようです。

Genymotion virtual device 4.4.2へgappsをインストール

この記事で入れた 1-16_GApps_Standard_4.4.2_signed.zip

Play ストアにつながってrazikoのインストールも出来ますが、

聴けたのはNHKの3局。

2chに書かれてた、http://forum.xda-developers.com/showpost.php?p=49912796&postcount=74

HEREをクリックして飛んだページの一番上にあるgapps-kk-20140105-signed.zipを落としてインストール。

torrentにもあげてるようですが、クライアントの使い方がわからなければ、zipを落としたほうが無難です。

geny442N7Zok

galaxynote_nogapps_not_raziko

同じOSバージョンに同じgappsをインストールしても使うバーチャルデバイスによって

razikoの動作が違います。チェンクロはどちらもインストールできませんでした。

パズドラはマイアプリで見ると未対応だったので、apkのインストールもノータッチ。

マイアプリに表示される英語版のゲームアプリの多くが未対応、見通し暗すぎな気が。。。

 

使いたいアプリにあわせてデバイスを選ばなければ、と承知していましたが、

ここしばらく色々なgappsを試さなくてはならないようです。

XDAにある色んな端末のカスロム用gappsを手当たりしだい試すのもアレなんで。

Genymotionのアップデートはすぐ来るんじゃないかと予想。

根拠は、旧バージョンのアプリしかインストールできなくて、しかも動かなかったり。

これが有料版だったら お金返して!でしょう。