Google Playアップデートでradikoのアプリ自動更新をさせないために

 

アプリを自動更新しない にしててもGoogle Play自体の更新で

自動更新する に設定が書き換えられてることが よくありますBlueStacksは特に気をつけてください

パソコンを起動、BlueStacksが常駐してる状態だと 知らないうちに勝手にradikoが更新されます

BlueStacks起動中に始まっても 止めることは難しいでしょう

bluestacks google play setting not auto updategoogle play 4.1.6 setting

第1の方法としてradiko3.5.0.apkをバックアップ、確保しておくことですが、

今だとこの方法があります 2013/05 VirtualBoxでradiko 3.5.0.apkをダウンロード いつまで使えるかはわかりません

下図はESファイルエクスプローラでバックアップした様子です

es file radiko 3.5.0 apk backup

端末にバックアップしただけで安心してはいけません 必ずPC、SDカード、その他のメディアにコピーしておきましょう

Android実機だと今のところradiko4.0.0でもrazikoの動作に問題は無いようですが、4.0.0も念のためバックアップしておけば

将来、役に立つことがあるかもしれません

第2の方法は

titaniumでバックアップしておくことです 下図はBlueStacksで復元の様子

bluestacks rziko titanium backup restore

アプリのみリストアするのは再インストールと同じでrazikoが聴けなくなってから復元しても復活しないでしょう

リストアしてもいいのは、データのみ とアプリ+データで、実機を無理にroot化する必要はなく エミュレータだけでも十分です

 

で、razikoを使える状態にしたあと 4.0.0などバージョンに限らず radikoをアンインストールしておけば 

自動更新がやってくることは、まずありえません

bluestacks my aps 2013.05

ただし、razikoのデータを削除したり アンインストールしてしまうと 使えるバージョンのradikoを

インストールしなければならなくなるので 注意が必要です razikoをGoogle Playで上書き更新するのは問題ありません

raziko 1.0.57 manage applications

録音するときの尻切れ対策ですが、本体の時計を正しい時刻から2分30秒くらい遅らせてから

録音予約してみるといいかもしれません 微調整を何回か試して 妥協できる設定を探してください