Nexus 7 TOOLKIT V5.0.0は落とせないから

Mod edit: Download link removed とダウンロードリンクは削除されています。

goo.imにはあるじゃん、でも落とせなくなってます。

ですのでxdaからWug’s Nexus Root Toolkit v1.7.8を落として使います。

SuperSUやドライバーなど結構なサイズのファイルをインストールするので意外と時間がかかります。

使ってる端末、Nexus7にも2012やWi-Fi,3Gと数種類あるのでOSバージョンも含めてよく確認して起動します。

Ntoolkitv1.7.8CR

うちのは2012,Wi-Fi,今はOS4.4にして使っています。

TOOLKIT V5.0.0でroot化、4.4のカスタムロムを焼いた頃から内部ストレージがごちゃごちゃしてきたので、

Nexusの設定-バックアップとリセットからデータの初期化を実行。必要なファイルは事前にPCへコピーしておきます。

アンロックしたままなので上図青丸のRootをクリックしてあとはToolkitの指示に従います。

ノーマルの端末を新規からroot取る場合は、Unlockから始めます。

途中注意書きが英語で出てきます。意味がわからない。英語が読めない。コピペも無理?だとしたら。

メモ帳を開いてテキストを写すように打って、翻訳サイトで訳しましょう。

Nexusの設定でデバッグにチェック入れるのを忘れないように。入れてないと何回やってもデバイスが見つかりません。

ADB-Device ONとは電源入れてAndroidが起動してる状態。
Fastboot-Bootloader とはドロイド君が横になってる状態。

Device is on/Normalとは電源を入れて正常に起動できる状態。
Soft-Bricked-Bootloopとは一時的だったとしても画面真っ暗か、ブートアニメーションから一向に進まない状態。

これらの状態によってツールキットのラジオボタンを押し変えて使います。

実行ボタンをクリックしてもwaiting for deviceと言われるのは
あなたが手動でADB-Device ONかFastboot-Bootloaderの状態にするのを、ツールキットが待っているからです

作業は自動で進みTWRPが起動します。root化する前にcwm-recovery-clockwork-touch-6.0.4.4.b41581-grouper.zipを

SDにコピーしておくと、そのままTWRPでinstall zipを選んでCWM6.0.4.4のインストールができます。

その後、recovery rebootを何回やってもCWMが起動、ToolkitからBoot Temporary-Custom RecoveryをクリックするとTWRPが起動しました。

 

cwm-recovery-clockwork-touch-6.0.4.4.b41581-grouper.zipと、たとえばBS_Harmony_4.4[grouper][11.20].zip、11-21_GApps_Standard_4.4_signed.zipをSDにコピーしておいてTWRPからCWMをインストール。

そのまま、CWMからBS_Harmony_4.4とGApps_Standard_4.4を焼いてリブートすればロム焼きも同時に完了します。

device-2013-11-24-205924 device-2013-11-24-001953

しかし、TitaniumBackupを開くと善くて右上のような表示になります。

superuserが無くてストアからインストールしたりすると下図のようになりroot化されていません。

device-2013-11-24-003404

Wug’s Nexus Root Toolkitを使った利点は、下を見てください。

コンピューターNexus 7内部ストレージ!ReadyToFlashRoot_FilesUPDATE-SuperSU-v1.69.zip

twrp_root_files_su

SDのフォルダにSuperSUがあるのでこれをCWMをのinstall zipからインストールします。

ですのでこれを削除してはいけません。新しいバージョンのものと入れ替えるのは大丈夫でしょう。

SuperSUを開いてバイナリのアップデートをするときは必ず、右のTWRP/CWMをタップ。

device-2013-11-24-003244 device-2013-11-24-003258

Android起動後、rootアプリを開いてもスーパーユーザーリクエストの要求が正常にされます。

device-2013-11-24-003431 device-2013-11-24-003638

現在の最新バージョンは、1.75

device-2013-11-24-002602 device-2013-11-24-003555

ROMとgappsの組み合わせによりソフトキーボードが無く、音声入力のみのものがあり、

PCの音声でWi-Fiパスワードを読み上げてみてもうまくいかなくて。ネットにさえ繋げませんでした。

USBキーボードをつなげば入力できると思いますが、

たまたま壊れて試せなかったので、しかたなく他の組み合わせで焼き直しをしました。

device-2013-11-24-205846

ブラウザの設定でユーザーエージェントの変更ができますが、jpradioが使えるロムにはまだ出逢えていません。

device-2013-11-24-002347 device-2013-11-24-002358

 

カスタムロムを焼いて普通に起動しますが、Superuserを有効にしてrootアプリを機能させるには、

CWMなどカスタムリカバリからSuperuser.zipをインストールしないと難しいようです。

バイナリも通常をタップしてアップデートしてはだめなようです。

これでTWRPとCWMが共存してるということがわかりました。

 

Soft-Bricked-Bootloopの対処法をこちらで簡単に紹介。