radika起動方法2015/07/14版

regsvr32 ComUtilities.dllのコマンドが失敗しやすいので

コントロールパネル~ユーザーアカウント~ユーザーアカウント制御設定の変更

vdfhbv

通知しないにスライド、OKをクリックしてWindowsを再起動。
今回、C:\Program Filesへtokyo-radikaというフォルダを作り

その中へRadikaVer1.71.zipを解凍。

次にAYTHKeyGet Alternative 2.zipを解凍してAYTHKeyGet.exeは上書きしたままでOK.

jktgykk
コマンドプロントを管理者として実行

yhnhb

cd C:\Program Files\tokyo-radika

エンターを押し

regsvr32 ComUtilities.dll

上記を入力しエンターを押すと成功すると思います。

ktdg65

続いてradikoのサーバーアドレスの修正にバイナリエディタstir131を使います。

Stirling.exeを実行、radika.exeをドラッグアンドドロップして

fhgtr456

メニューの検索・移動~指定アドレスへ移動をクリック。

drtghe463

アドレス(A)へ “00221F74″と入力(コピペ可)OKを押すと下図のように

hmjkft

“77”が反転してるので、キーボードを66とだけ押し、上書きして保存。

thfg64

eghnu89

sgbeumt7
するとオリジナルのradikaはradika.exe.bakとして同じフォルダへバックアップされます。

ngjkrio
以前の方法と違い削除するファイルはありません。

上書きしたradika.exeをダブルクリック、ウィザードは通常通り進めます。

tkr18

AYTHKeyGet Alternative 2をインストール済みで聴けなくなった方は

radika.exeのバイナリを書き換えるだけで大丈夫だと思います。
尚、WIMAXだからかどうか radikaの多重起動や別フォルダから起動すると

なぜか弾かれちゃいます。

intfm

必要なものは、RadikaVer1.71.zip、libfaad2-2.7.zip、AYTHKeyGet Alternative 2.zip

バイナリエディタはstir131をお勧め。