raziko 1.1をBlueStacksで聴けるようにしてみた

 

razikoのバージョンアップ来ました。更新内容は、

自動キーワード予約機能の追加 だそうです。

 

以下は、BlueStacksを全くの新規インストールからrazikoとradikoの両方が使える方法です

必要なものは、BlueStacksVirtualBox本体、ovaファイルとカードを登録してないgmailの捨てアドひとつ

上記3つのファイルを落としてエミュからインストールしてください

BlueStacksのダウンロードとインストールが終わるとフルスクリーンで起動するので

フルスクリーンに切り替えるをクリックして元のサイズに戻します

フルスクリーンにするときはまた、フルスクリーンに切り替えるをクリックします

ラジコを聴くだけならGoogle Playは使わないのでアカウントの設定は不要です。

VirtualBoxのインストールから起動を確認後、ovaファイルをダブルクリックしたらもうひとつ開くので閉じておいたほうが無難です

2つのエミュの起動を確認したら落としたovaファイルをダブルクリックすると

アプライアンスの設定が開きます うまく動かない環境の場合
たとえば ゲストOSのタイプやCPUを変えてみてください
それぞれ赤丸で示したあたりをダブルクリックすると変更できるようになります

bhtrwqsvczxmnb

ファイルのインポートが終わったら仮想マシンを起動、そのまま待ってるとAndroidが起動するので

画面左上のメニュー 仮想マシン~マウス統合を無効化をクリック 画面内をクリックすると
中でマウスとキーボードが使えるようになり マウスポインタを外に出すのは
キーボード右側のCtrlを押すと 白いポインタがもうひとつ現われ Windowsに戻れます

bmjlsfhyrvb

タイムゾーンは日本、疑似ロケーションと画面の自動回転のチェックははずしてあり キーボードは英語に設定済みです

マーケットをクリックしてGoogleアカウントを新規作成しますが これのみの捨てアカウントを使ってください

名前やアドレスは適当に 芸能人などの名前で進めていくと候補が出るので簡単に作れます

が、パスワードは忘れないようにメモしておいてください @はShift+2を押します

予備のメアドもスルーして 秘密の質問の答えに110とか119でおkです

その他カード番号、Google+へ参加もしていません

認証が済むとマーケットにつながり 同意した頃、gmailが3通届きますが 開いて見た事はありません

そして、raziko,radikoで検索ダウンロードしてみてください 落とせないはずです

知ってるほかのアプリでも試してください 中には落とせるものがあります

続いてesfileで検索してインストールして開くと旧バージョンだと気づくでしょう

そのまま開いて アップ・マネージャをクリックしてマーケットのアイコンが変わってなかったら 少し放置します

数分待ってるとPlayストアに更新されるのでrazikoとradikoを落とします

BlueStacksでRdikoを使いたいならfake gps locationで検索して落とし

Google PlayとFake GPS locationを使うためにはADW やGo Launcherも落としておきましょう

必要なアプリをインストールしたらESファイルエクスプローラでバックアップして

gmailの設定も自動的に済んでる?のでapkをメールに添付してパソコンに送ります

パソコンで受信したら 添付ファイルをデスクトップなどに保存してそれぞれダブルクリックでBlueStacksにインストールできます

BlueStacksにGoogleアカウントを設定しなければ、今のところradikoが不意にアップデートされることはありえません。

radikoをバックアップした時点で気づいたと思いますがv3.5.0です

メールも削除しないで残しておきましょう

どちらのエミュでもradiko単体では聴けません 地元の放送局の聴取にもFake GPS locationが必要です

地域判定オプションのチェックは全部はずしたままにしておきます  これは鉄則です

では、お楽しみください