t-01c Android 2.3.7の文鎮復活方法

 

いろいろいじりすぎてとかミスでとか

端末再起動して 防水画面のLEDマゼンタが光ったときに物理ボタン3つのどれかを押して待ってても

防水画面から変化なしや起動しかけて画面真っ暗の対処法です

この場合の復旧は簡単でした

方法は、2.3.7導入をもう一度やるだけです

念のためコマンドを貼っておきます

[インストール]
1. ClockWorkModを起動する。

2. ROMの動作環境を作成する。
$ adb shell mount -a
$ adb shell mkdir -p /sd-ext/guest/CM7.2
$ adb shell mkdir -p /data/guest/CM7.2/data

3. ROMを端末に送り込む。
$ adb push CyanogenMod-7.2_for_TG03-121012.tar.gz /sd-ext/guest/CM7.2/

4. ROMを展開する。
$ adb shell
# cd /sd-ext/guest/CM7.2
# tar zxvf CyanogenMod-7.2_for_TG03-121012.tar.gz
zip zxvf CyanogenMod-7.2_for_gapps-gb-20110828-signed.zip
# exit

※/sd-ext/guest/CM7.2/system が作成されます。
このsystemディレクトリを基準にgappsを適用して下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
5. カーネルを更新する。
$ adb push custom-boot_t01c.img /data/local/tmp/
$ adb shell /sbin/flash_image boot /data/local/tmp/custom-boot_t01c.img
もしくは
$ adb push custom-boot_is04.img /data/local/tmp/
$ adb shell /sbin/flash_image boot /data/local/tmp/custom-boot_is04.img

 

$ adb shell mount -aや# cd /sd-ext/guest/CM7.2の$と#はコピーしません

adb shell mount -aやcd /sd-ext/guest/CM7.2と一行ずつコピペ&エンターです

376氏が次のコマンドを打つタイミングをわかりやすいようにしてくれてるのが大きい気がしてなりません

ですので コピペしやすいように書きなおすとこうなります

2. ROMの動作環境を作成する。
adb shell mount -a

adb shell mkdir -p /sd-ext/guest/CM7.2
adb shell mkdir -p /data/guest/CM7.2/data

3. ROMを端末に送り込む。
adb push CyanogenMod-7.2_for_TG03-121012.tar.gz /sd-ext/guest/CM7.2/

4. ROMを展開する。
adb shell
cd /sd-ext/guest/CM7.2
tar zxvf CyanogenMod-7.2_for_TG03-121012.tar.gz

exit

※/sd-ext/guest/CM7.2/system が作成されます。
このsystemディレクトリを基準にgappsを適用して下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
5. カーネルを更新する。
adb push custom-boot_t01c.img /data/local/tmp/
adb shell /sbin/flash_image boot /data/local/tmp/custom-boot_t01c.img
もしくは
adb push custom-boot_is04.img /data/local/tmp/

adb shell /sbin/flash_image boot /data/local/tmp/custom-boot_is04.img

インストールしたアプリはそのまま残っていました

文鎮された方はSDカードをフォーマットからやり直す前に試してみてください

どうしてもブラックアウトから改善されないときは SDカードの第2パーティションを構築しなおせば新規にやりなおせます

参考ページはこちら  link2sd 導入をRegza t01cで使ってみました