Windows raziko VirtualBox

OSに合ったバージョンのVirtualBoxを落としてインストールしてください

ovaファイルを落としダブルクリック

VirtualBoxでインポートをクリック

x86ovainport

緑色の矢印、起動をクリックして待つと、下図の画面になり

x86welcome

日本語を選bい、開始を押し、タイムゾーンの選択で日本標準時に設定。

(合わさないとラジオの番組表が過去のものになる)

次へ、

Google にログインかアカウントを作成したあと、ホーム画面が出ます。

ドロワーのアプリ一覧から、Playストアへアクセス

マイアプリでFake GPS locationとESファイル、

Titanium, super userなどを更新してる間にrazikoとradikoを検索、インストール。

新しくアプリをインストールすると、
Wi-Fi接続時に自動的にアプリを更新しますか?と聞かれるので
必ず、“後で行う”をクリック。

x86gmailinstallautoupdate

radikoの自動更新で泣きをみないように。。。

ラジオアプリその他を入れたホーム画面。

ドコデモFMは使用不可、らじるはAM, FM, 3局とも聴けます。

BlueStacksとの大きな違いは、

仮想マシンのクローンを作ると 複数のアプリ環境をセッティングでき

razikoの多重起動録音が可能になること。

失敗して 文鎮化、起動しなくなっても 削除してやり直しが何回でも可能。

面倒なISOから導入をしなくていいので よければ試してください。